関西発!娘の誕生日旅行で1泊2日の子連れディズニー!クリスマスイヴ当日の東京ディズニーシーはHAPPYで溢れていた!

eyec_disney_2023 子供とお出かけ
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

我が家は8歳になった娘の誕生日旅行として、冬休み前に東京ディズニーリゾートへ行ってきました。
前回、前々回の記事では、クリスマスシーズンの東京ディズニーランドについて執筆をしました。

そして今回は、クリスマスシーズンの東京ディズニーシーについてご紹介していきます。

シーといえば、大人のムード溢れるスポットですよね。
クリスマスは特にロマンティックな気持ちにさせてくれます。
そんな冒険とイマジネーションの海「SEA」には、子供も楽しめるアトラクションがたくさんあります!

この記事では、子連れで行った1泊2日のディズニークリスマスのスケジュールを詳しくご紹介!
クリスマスイヴ当日の混雑状況や、事前準備&攻略法など詳しく解説していきます。

ディズニーランド&シー・ディズニーオフィシャルホテルの1泊2日スケジュール!

disneysea_xmas_1
我が家は、今回4年ぶりに東京ディズニーリゾートへ遊びに行ってきました。
日程は12月23日(土)〜12月24日(日)の1泊2日です。
限られた時間しかなかったのですが、事前に下調べしておいたので思ったよりスムーズにまわることができました。

本来ならば、冬休みを利用して2泊3日または3泊4日もいいなと思いましたが、どうしてもクリスマスシーズンに行きたかったので冬休み前に行くことにしました。

1日目:東京ディズニーランド

disneysea_xmas_2
まず1日目はディズニーランドです。
以前行った時は娘が小さかったこともあり、娘自身があまり覚えていないようだったので、初日は王道のランドへ行きました。
「イッツ・ア・スモールワールド」や「プーさんのハニーハント」など、7つのアトラクションを体験し、とても楽しかったと喜んでいました。

2日目:東京ディズニーシー

disneysea_xmas_3
2日目はディズニーシーへ!
飛行機の時間の関係で途中退園しなければならず、タイムリミットは6時間半ほどでした。
お目当ての「トイ・ストーリー・マニア!」のプレミアアクセスを取得できてよかったです。

宿泊先:東京ベイ舞浜ホテル

disneysea_xmas_4
今回の宿泊先は初めて利用する「東京ベイ舞浜ホテル」です。
子連れでの宿泊メリットは、なんと言っても「全室洗い場付きバスルーム」があることです!
子連れの場合、かなり重要なポイントですよね。

「東京ベイ舞浜ホテル」の宿泊レポは別の記事「2023冬!1泊2日の子連れディズニークリスマス!東京ベイ舞浜ホテルの宿泊レポ!」でご紹介していますので、是非そちらも読んでみてください。

我が家は、いつも誕生日や記念日はディズニーホテルに宿泊し、それ以外のディズニー旅行ではオフィシャルホテルに泊まるようにしています。

今回、娘の8歳の誕生日旅行ということでディズニーホテルを予約したかったのですが、、全く空きがなかったです。
やはりクリスマス直前の土日は予約が取りづらいですね。

そんなこんなで我が家は、楽天トラベルで「東京ベイ舞浜ホテル」の予約をしました。
関西発の飛行機+宿泊代は1泊2日で約15〜20万円ほどしますが、楽天スーパーSALEを利用したので、約8万円で予約できました。(クーポンの他に貯めていたポイントも利用)
ディズニーリゾートでは現在2デーパスの販売がないので、2日分のパークチケットの総額は¥54,800!(大人×2、子供×1)
旅費以外にも出費がたくさん嵩むのでお得に泊まれるのはとっても嬉しいです。

現在、楽天トラベルではサマーSALEを開催中!(2024/7/31(水)9:59まで)
最大9,500ポイント還元!
サマーSALEは、お得な日替わりクーポンがたくさんあります。
さらに5と0のつく日は最大20%OFF!
ホテル・温泉宿、北海道、沖縄、東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオジャパン、ハウステンボスなど、夏休みのご旅行を検討している方は、是非楽天トラベルをチェックしてみてください。

東京ディズニーランド&シーへ行く前にしておくこと

東京ディズニーリゾートで効率的に遊ぶためには、事前にしておくことがあります。

ディズニーリゾート公式アプリをインストール

disneysea_xmas_5
まずは、ディズニーリゾート公式アプリをダウンロードしておきましょう。
公式アプリはとっても重要です!!
ダウンロードしておくことで、オンラインでのチケット購入、アトラクションやレストラン等施設の事前受付、待ち時間や現在地がすぐわかるマップなど、パーク内をスムーズにまわることができますよ。

ディズニーチケットは事前にweb購入

disneysea_xmas_6
続いては、パークチケットの事前購入です。
東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは窓口でのパークチケットの販売がありません。(注意です!)

パークチケットは、ディズニーリゾート公式オンラインでも購入可能ですが、偽サイトが多発しているようなので、ディズニーリゾート公式アプリで購入する方が良いかと思います。
2ヶ月先の同日分のチケットを毎日14:00より販売しています。
現在、2デーパスポートや3デーマジックパスポートなどは販売されていません。
2日間行く場合は、それぞれ1デーパスポートを購入するしかないです。(またはアーリーイブニングパスポートやウィークナイトパスポートなどで1日目だけ遅めの入園にすることも可能。)

ディズニーシー攻略法!パーク入園後にすること

パークへ入園したら、すぐにすることをご紹介します。

東京ディズニーリゾート40周年記念プライオリティパスの取得

disneysea_xmas_7
こちらは、体験したい対象アトラクションを選び取得することで、短い待ち時間で利用できる「無料」のサービスです。
絶対に乗りたいアトラクションの目星を付けておきましょう。
「レイジングスピリッツ」や「インディ・ジョーンズ」など人気のアトラクションは14時頃には終了しているようです。(休日の場合はもう少し早い。)
我が家は、クリスマスイヴ当日(日曜日)の開園直後に、「タートル・トーク」を12:00-13:10で取得することができました。

東京ディズニーランドホーンテッドマンション
モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
スペース・マウンテン
スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
プーさんのハニーハント
ビッグサンダー・マウンテン
東京ディズニーシーニモ&フレンズ・シーライダー
タートル・トーク
海底2万マイル
マジックランプシアター
レイジングスピリッツ
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮

ディズニー・プレミアアクセスの取得

disneysea_xmas_8
こちらは、ゲストのニーズに合わせてアトラクションやパレード&ショーの体験時間や入場時刻を指定して予約できる「有料サービス」です。

アトラクションとパレード&ショーは同時に保有することができます。

こちらも事前にお目当てのアトラクションやパレード&ショーを決めておきましょう。
我が家の場合、12/23(土)11:30頃ディズニーランドに入園した際は、すでに3つのアトラクション全てが終了していました。
さらに、パレード&ショーも全て終了。
12/24(日)9:20頃ディズニーシーに入園した際は、「トイ・ストーリー・マニア!」を10:45-11:45の時間で取得できました。
夜のショーは取得可能でしたが、夕方に退園予定だったため取得しませんでした。

東京ディズニーランド/アトラクションスプラッシュ・マウンテン(¥1,500/回)
ベイマックスのハッピーライド(¥1,500/回)
美女と野獣”魔法のものがたり”(¥2,000/回)
東京ディズニーシー/アトラクションセンター・オブ・ジ・アース(¥1,500/回)
トイ・ストーリー・マニア!(¥2,000/回)
タワー・オブ・テラー(¥1,500/回)
ソアリン:ファンタスティック・フライト(¥2,000/回)
東京ディズニーランド/パレード&ショー東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ(¥2,500/回)
ディズニー・ハーモニー・イン・カラー(¥2,500/回)
ディズニー・クリスマス・ストーリーズ(¥2,500/回)
東京ディズニーシー/パレード&ショービリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜(¥2,500/回)

スタンバイパスの取得

東京ディズニーリゾートでは、一部のパーク体験にはスタンバイパスが必要です。
当面の間、スタンバイパス対象のアトラクションはありません。
目当てのショップやレストランがある場合はスタンバイパスを取得しておきましょう。

東京ディズニーランド/ショップトイ・ステーション
グランドエンポーリアム
プラネットM
フロンティア・ウッドクラフト
ジャングルカーニバル(丸太投げ)
ジャングルカーニバル(ボール転がし)
トレジャーコメット(カプセルトイ) [2024/1/23〜当面の間スタンバイパス対象、通常のグッズ購入での入店はスタンバイパス不要]
ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム(カプセルトイ)
ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム[2024/1/9〜当面の間スタンバイパス対象]
キングダム・トレジャー
アドベンチャーランド・バザール(カプセルトイ) [2024/1/23〜当面の間スタンバイパス対象、通常のグッズ購入での入店はスタンバイパス不要]
ディズニー&カンパニー[2024/1/9〜当面の間スタンバイパス対象]
東京ディズニーシー/レストランミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ
ドックサイドダイナー
ケープコッド・クックオフ
ニューヨーク・デリ
ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
東京ディズニーシー/ショップアーント・ペグズ・ヴィレッジストア[2024/1/15〜当面の間スタンバイパス対象]
ガッレリーア・ディズニー[2024/1/15〜当面の間スタンバイパス対象]
マクダックス・デパートメントストア[2024/1/15〜当面の間スタンバイパス対象]
アブーズ・バザール
スリーピーホエール・ショップ
スチームボート・ミッキーズ
マーメイドトレジャー(カプセルトイ)
ロストリバーアウトフィッター
タワー・オブ・テラー・メモラビリア(カプセルトイ) [2024/1/23〜当面の間スタンバイパス対象、通常のグッズ購入での入店はスタンバイパス不要]
エンポーリオ
イル・ポスティーノ・ステーショナリー
東京ディズニーシー/レストランミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ
ドックサイドダイナー
ケープコッド・クックオフ
ニューヨーク・デリ
ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ

ショーやキャラクターグリーティングにエントリー

抽選のショーやキャラクターグリーティングもエントリーをする必要があります。
我が家は連続でせず、少し時間を空けてエントリーしましたが全て外れてしまいました。

東京ディズニーランド/キャラクターグリーティングメインストリート・ハウス前
東京ディズニーランド/パレード&ショークラブマウスビート
ミッキーのマジカルミュージックワールド
ジャンボリミッキー!レッツ・ダンス!
東京ディズニーシー/パレード&ショービッグバンドビート〜ア・スペシャルトリート〜
ジャンボリミッキー!レッツ・ダンス!

ディズニー・モバイルオーダー

こちらはパークの対象レストランのメニューを、レストランに並ぶことなく好きな場所で好きな時間にオーダーできるサービスです。

とても便利なシステムだなぁと思いましたが、12/23(土)ランドへ行った際、11:00頃の時点で既に終了していたので好きな時間にオーダーできないのが現実です、、
開園と同時にあらかじめオーダーしておくと非常に便利だと思います!
12/24(日)シーへ行った際は、9:20頃の時点ではどちらとも注文可能でしたが好みのレストランではなかったため利用しませんでした。

東京ディズニーランド/レストランプラズマ・レイズ・ダイナー
グランマ・サラのキッチン
東京ディズニーシー/レストランカスバ・フードコート
ユカタン・ベースキャンプ・グリル

我が家のディズニーシー1日スケジュール 〜クリスマスシーズン〜

disneysea_xmas_9
我が家はいつもノープランなのですが、今回は4年ぶりの東京ディズニーシーということで効率的にまわる為、あらかじめ下調べしてから来園しました。

前日のディズニーランドで苦戦した公式アプリ。
使い方に慣れていないため、プライオリティパス(無料)やプレミアアクセス(有料)の取得に時間がかかりました。
そもそも名前がややこしい上に、どっちが無料でどっちが有料なのかもわかっていなかったです、、

2日目の東京ディズニーシーは、開園から15:30頃までと限られた時間でしたが、しっかりと楽しみました。
クリスマスイヴ当日ということで、とっても混雑していました!

8:30東京ベイ舞浜ホテルを出発
9:00東京ディズニーシーに到着、列に並ぶ
9:20東京ディズニーシーに入園
①東京ディズニーリゾート40周年記念プライオリティパス(無料)の取得
②ディズニー・プレミアアクセス(有料)の取得
③エントリー受付
9:30メディテレーニアンハーバー付近で写真タイム
9:50ヴェネツィアン・ゴンドラ
10:15ニューヨーク・デリにてブランチ
11:20トイ・ストーリー・マニア!
11:35トイ・ストーリー・マニア!エリアのゲーム
11:45ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
11:55アクアトピア
12:15アーント・ペグズ・ヴィレッジストア
12:30タートル・トーク
13:15アメリカンウォーターフロントから反時計回りでマーメイドラグーンまで歩く&写真タイム
14:00スカットルのスクーター
14:10キャラバンカルーセル
14:20アラビアンコーストから反時計回りにエントランスまで歩く&写真タイム
15:00お土産タイム(夫はホテルに荷物を取りに行く)
16:10退園
16:30リムジンバスで羽田空港へ
19:30空港にて夜ごはん
20:15空港出発
21:00帰宅

東京ディズニーシー「トイ・ストーリー・マニア!」のプレミアアクセスの取得 〜クリスマスシーズン〜

disneysea_xmas_10
我が家は12/24(日)の9:20頃に入園し、ディズニー・プレミアアクセスの確認をしました。
開園して間もなかったので選択肢はたくさんあり10:45-11:45の時間帯を選ぶことができました。
取得するためにはクレジットカードが必要なので、すぐ出せるようにあらかじめ用意しておいた方が良いです。

この日の待ち時間は最高で180分。
少し和らいで130分ほどだったので、時間が限られている旅行者にとってはプレミアアクセスを購入できてよかったです。

クリスマスシーズンの東京ディズニーシー!アトラクションの待ち時間は?

我が家が入園した12/24(日)はクリスマスイヴということもあり、とても混雑していました。

「ソアリン」は全体を通して150〜180分待ちでした。
18:00以降に少し和らいで110分待ちになったようですが、それでも長く待つ必要があります。

「トイ・ストーリー・マニア!」「インディージョーンズ」などは日中120〜130分待ち。

「タワー・オブ・テラー」「レイジングスピリッツ」は70〜100分ほどでした。

その他のアトラクションは1時間以内の待ち時間。

全体を通して、やはり18:00以降が比較的待ち時間が少ない印象でした。

クリスマスシーズンの東京ディズニーシー!レストランの待ち時間は?

12/24(日)は、レストランも混雑していました。
午前中にニューヨークデリへ行くと、すごい行列でした。
こんなに並んでるのは今まで見たことがなかったのでびっくりしましたが、結果的には20分ほどで席に着けました。

「リストランテディカナレット」「SSコロンビアダイニング」「レストラン櫻」「ホライズンベイ」などは60〜90分待ち。

その他は1時間以内の待ち時間でした。

メディテレーニアンハーバー

メディテレーニアンハーバーは、イタリアがモチーフとなっており、異国情緒あふれる街並みを感じることができます。

南ヨーロッパの港町で写真タイム

disneysea_xmas_11
まずはメディテレーニアンハーバー周辺で写真タイムです。
こちらのエリアは、どこを切り取ってもノスタルジックな一枚を撮ることができるおすすめのフォトスポットです。
disneysea_xmas_12
disneysea_xmas_13
disneysea_xmas_14
開園直後は、ほとんどの方が目当てのアトラクションへ一目散なので、人通りも少なく写真撮影にはぴったり!
インスタ映え写真を撮りたい方は朝一がおすすめです。

ヴェネツィアン・ゴンドラ

disneysea_xmas_15
写真を撮り終わったら早速アトラクションへ。
まずは絶対に乗りたかった「ヴェネツィアン・ゴンドラ」に並びました。
待ち時間15分ほどで乗ることができ、のんびりとした運河の時間を楽しめました。
この「ヴェネツィアン・ゴンドラ」では願いごとが叶う白い橋(ポンテ・ディ・ベンヴェヌーティ)があります。
この橋の下を通るときに願いごとをすると願いが叶うと言われています。
disneysea_xmas_16
娘も真剣に願っていました。
あとで何を願ったのが聞いてみたら「願いごとは誰かに言うと叶わなくなるから秘密〜」と話をそらされてしまいました。
いつか本場ヴェネツィアのゴンドラに乗ってみたい!と思えるほど素敵なひと時でした。

アメリカンウォーターフロント

アメリカウォーターフロントは、ノスタルジーあふれるニューヨークとケープコッドの街並みが楽しめます。

ニューヨーク・デリ

disneysea_xmas_17
一つ目のアトラクションが終わり、ブランチにニューヨークデリへ行くと長蛇の列でした。
インスタ映えになるレストランなのでやはり人気ですね!
待ち時間は約20分ほど。
disneysea_xmas_18
お目当てのテラス席に座ることができました。
disneysea_xmas_19
disneysea_xmas_20
スペシャルセットを注文しましたが、スーベニアランチケース(プラス¥1300)はリルリンリンがデザインされたものではありませんでした。
とっても人気なので、やはりクリスマス当日まで残っていることはないですね、、

しばし、サンドイッチを食べながらゆっくりとした時間を過ごしました。
テラス席は外の様子が分かり、音楽もダイレクトに聴こえてくるので最高でした!

トイ・ストーリー・マニア!

お腹が満たされたところで、ちょうど時間に。
ディズニー・プレミアアクセスを取得していたので「トイ・ストーリー・マニア!」へ行きました。
disneysea_xmas_21
外装工事をしていたのが少し残念でしたが、、
祈願のトイストーリーマニア!

娘が生まれる前から夫とシーに行くたびに断念したアトラクション。
我が家3人とも初めて乗りました。
disneysea_xmas_22
disneysea_xmas_23
入り口を進むと、そこはカラフルな「おもちゃの世界」!
アンディのベッドが大きいなと思ったら、、
まさかの自分たちがおもちゃの目線になっていました。
3Dメガネを付けてウッディたちと楽しいシューティングゲームができて娘はとても喜んでいました。
disneysea_xmas_24
毎回スコアが違うアトラクションって楽しいですよね。
所要時間の約7分があっという間でした。
トラムに乗るまでも、ただただ並ぶだけではなくユーモアたっぷりの世界観で子供が飽きることはありませんでした。
懐かしい気持ちにさせてくれて、大人もワクワクできるアトラクションでした。

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

disneysea_xmas_25
ポートディスカバリーへ行くために、トロリー式電車「エレクトリックレールウェイ」に乗りました。
待ち時間は約5分。
高架鉄道の中から、とても綺麗な街並みを見ることができます。
disneysea_xmas_26
disneysea_xmas_27
一つ一つのエリアに歩いていくのも楽しいですが、疲れている時など座って景色が楽しめるのは嬉しいですよね。

アーント・ペグズ・ヴィレッジストア

disneysea_xmas_28
娘が行きたい!と言っていたダッフィーグッズのお店。
外壁も内装も可愛くてたまらなかったです。
そして早速娘もダッフィーの虜に。
ダッフィー&フレンズの中で誰がいいか聞いてみると即答で「ダッフィー!」と。
手に取るグッズ全てがダッフィーで完全に魔法にかかっていました。

ドックサイドステージ

disneysea_xmas_29
ドックサイドステージ付近を歩いているとタイミングよく、ミッキーたちを見ることができました。
タートルトークの時間が迫っていたので長く見ることはできませんでしたが、、

タートル・トーク

disneysea_xmas_30
楽しみにしていたタートルトーク!
開園時にプライオリティパスを取得していたので、スムーズに入ることができました。
disneysea_xmas_31
クラッシュって本当に面白いですよね〜!
行く度に爆笑している気がします。
娘も楽しそうにしていましたが、当てられたらどうしよう、、と冷や冷やしていたようです。
確かに当てられたらドキドキしてしまいますね!

こちらはシアタータイプのアトラクションなので絶叫系が苦手な方におすすめです。

マグダックス・デパートメントストア

disneysea_xmas_32
ここはシーの中でもお気に入りのお店です。
ショーウィンドウは冬バージョンになっていてとても可愛かったです。
disneysea_xmas_33
娘がダッフィー&フレンズのフロム・オール・オブ・アスのピンバッジを購入したのですが、まさかのシークレットが出ました!!
全キャラクターとミッキーの後ろ姿がとても可愛くて娘は大喜びでした。
お値段は確か¥1000ぐらいだったと思います。

他にもダッフィーグッズやお菓子がたくさんありました。

ポートディスカバリー

ポートディスカバリーは、古代文明をモチーフにしたエリアです。

アクアトピア

disneysea_xmas_34
冬でもはずせない!
どこに進むのか予測不可能なウォータービークル。
娘が小さい時にも乗ったことがあるのですが、本人は覚えていないため初めての感覚で楽しかったようです。
ライドが3人乗りと我が家全員で乗れるのも嬉しいところです。
待ち時間はなんと!約5分ほどでした。

夏はびしょ濡れになるスペシャルバージョンでさらに楽しさUP!

マーメイドラグーン

マーメイドラグーンは、人魚姫アリエルの海の世界観が楽しめるエリアです。

スカットルのスクーター

disneysea_xmas_35_2
こちらはヤドカリの背中に乗ってカモメのスカットルの周りをくるくるまわるアトラクションです。
見ていて面白そうだったので初めてチャレンジしましたが、実際に乗ってみると思った以上に激しめでした。(絶叫ではないですが、、)
待ち時間は約10分でした。

アラビアンコースト

disneysea_xmas_36
こちらは、魔法と神秘に包まれたアラビアンナイトの世界です。

キャラバンカルーセル

disneysea_xmas_37
宮殿の中庭にあるジーニーの2階建て回転木馬。
娘の希望で2階のラクダに乗りました。
disneysea_xmas_38
外の景色が非日常すぎて、とても気持ちよかったです。
待ち時間は約5分ほど。
スムーズに乗ることができました!

子連れでまわる!東京ディズニーシーのインスタ映えスポット

東京ディズニーシーには、写真映えするスポットがたくさんあります。
ノスタルジーあふれる街並み、イマジネーションに富んだ世界。
どこを切り取っても絵になるので、ぜひ今しかないお子さんの姿を写真に残してあげてくださいね。

ディズニーシーのシンボルである「アクアスフィア」と一緒に!

disneysea_xmas_39
シーを訪れたら、まずはエントランスにてアクアスフィアと撮るのがおすすめです。
とっても迫力があるので写真映え間違いなし!
遠目から撮ると雰囲気が出てお洒落ですよ。

まるで海外!ヴェネツィアのカフェテラス(メディテレーニアンハーバー)

disneysea_xmas_40
開園直後は穴場!
ゴンドリエ・スナックというお店付近にはテラス席があるのでくつろぎながら写真を撮ることができます。
南ヨーロッパを思わせるようなフォトジェニックなスポットで一枚いかがでしょうか。

ヴェネツィアの運河でアートな気分に!(メディテレーニアンハーバー)

disneysea_xmas_41
disneysea_xmas_42
ヴェネツィアンゴンドラ付近もまた、異国情緒あふれる街並みが広がっています。
ダッフィーのスケッチが置いてあったので一緒に撮ってみました。
建物がお洒落なのでそれだけで映えますね。

東京ディズニーリゾート40周年「ドリームゴーラウンド」ロゴ装飾!(メディテレーニアンハーバー)

disneysea_xmas_43
ディズニーシーにも40周年をお祝いするロゴが壁に描かれていたので記念に撮りました。
デザインが街並みを邪魔しない程度に主張していてお洒落でした。

ニューヨーク・デリ(アメリカンウォーターフロント)

ニューヨクデリは、店内がとてもお洒落で映画のシーンにありそうな雰囲気です。
disneysea_xmas_44
テラス席を離れた場所から撮るのもおすすめですよ!

雰囲気のあるレンガ調の建物と木漏れ日(アメリカンウォーターフロント)

disneysea_xmas_45
disneysea_xmas_46
個人的に一番気に入っている写真です。
ディズニーシーっぽくはなく、ただただ海外で撮った一枚というような写真ですが、このレンガ調×白い窓がとても人気なのです。
冬の15:00頃に撮ると、木漏れ日が良い演出をしてくれました!

ノスタルジーあふれるアメリカンウォーターフロント

disneysea_xmas_47
disneysea_xmas_48
お洒落な建物がたくさんあるアメリカンウォーターフロントは、ドアの前や階段に座っているところを撮るのがおすすめです。

アーント・ペグズ・ヴィレッジストア(アメリカンウォーターフロント)

disneysea_xmas_49
カントリー風の赤い壁がとっても可愛いこちらのお店。
クリスマスバージョンで窓にリースが飾られていました。
もう少し引きで撮りたかったのですが、人がたくさんでなかなか撮れませんでした、、
ケープコッドはこじんまりとしていて可愛らしい町なのでぜひ。

お洒落なクラシックカー(アメリカンウォーターフロント)

disneysea_xmas_50
レストラン櫻の近くにあるクラシックカー。
娘の好きな黄色ということもあり記念に撮ってみました。
disneysea_xmas_51
写真を撮る時、娘には好きなように動いてもらっています。
そうすると自然な写真が撮れるのでおすすめです。
子供って「ハイチーズ!」で撮るとふざけたり、表情が硬くなったりするんですよね、、

帰りの飛行機では「マイ・エレメント」を鑑賞!

disneysea_xmas_52
機内でもまだまだディズニーモード!
娘と一緒に「マイ・エレメント」を観ました。
映画館でも観たのですが、エレメントシティの世界観がとても素晴らしくて大好きな作品です。
まだ観ていない方はぜひ!

まとめ

disneysea_xmas_53
クリスマスは特にロマンティックな雰囲気が漂うディズニーシー!
久しぶりに訪れましたが、しっかりと予定を立てておくことで約6時間半という短い滞在でもスムーズにパーク内をまわることができました。

異国情緒あふれる街並み、冒険とイマジネーションの海。
ディズニーシーは大人っぽいイメージだったのですが、小学校低学年の娘でも十分すぎるほど楽しめました。

この記事では、子連れで行った1泊2日のディズニークリスマスのスケジュールを詳しくご紹介したと共に、クリスマスイヴ当日の混雑状況や、事前準備&攻略法など詳しく解説しました。

一年で最もキラキラしている東京ディズニーシーに、是非ご家族で足を運んでみてくださいね。
この記事が「ディズニー・クリスマス2024」の参考になると幸いです。




ホームページを作るなら ロリポップレンタルサーバー

この記事を書いた人
profileimg

ASA

30代、専業主婦、関西在住。 夫と小学生の娘と3人暮らし。 娘の英語教育に力を入れており「英語=楽しい!」をモットーに親子で一緒に学習を進めています。
現在、娘(小3)は英検3級に挑戦中!
他にも海外子供服、子供とお出かけ、カフェ、インテリア、楽天ROOMなど、あらゆるジャンルの情報を発信しています。

子供とお出かけテーマパーク・遊園地東京ディズニーリゾート
シェアする
ASAをフォローする
ASA BLOG.
タイトルとURLをコピーしました